債務整理・消費者問題

クレジット・サラ金問題

クレジット・サラ金問題 のイメージ

煩わしい取立の電話や手紙から解放されます。

 「生活費が足りなくなり、ついつい借金がかさんでしまった」
 「一定期間内なら無利息という謳い文句にのり、深みにはまった」
 「取立が煩わしいので何とかして欲しい」


 当然のこととして、借りたお金は返すのが大原則です。しかし、法律で決められている利率を上回って貸し付けている貸金業者から借入をしている方については、借り始めた時に遡って、法定利率で計算をしなおし、現在残っている借入元金を確定します。
 計算によって、まだ借入元金が残っていることが明らかになった方については、それ以降の利息をカットして貰うよう交渉した上で、依頼者の経済状態に無理がないように返済計画の立て直しを行います。多くの場合、依頼者の希望通りに交渉がまとまります。これを任意整理手続と呼びます。
 計算によって、既に元金の返済が終わっているにも係わらず、返済し続けていたことが明らかになった場合は、払いすぎた金額を返して貰うよう求めます。これを過払金回収手続と言います(任意整理手続の一方法です)。貸金業者が、私どもの請求に応じなかった場合に、裁判で争うことになりますが、原則として、理論上は勝訴します。これを過払金返還訴訟と言います。

 いつまでも高い利息で借りていることはありません。また、払いすぎたお金があれば、返して貰い、余裕のある生活を取り戻しましょう。

自己破産申立手続

過払い金回収 のイメージ

あなたの債務が、任意整理手続や過払金返還訴訟などによっても返済できないぐらい多額であったとすれば、自己破産を裁判所に申し立てるという方法があります。
 
 自己破産の申立について、過剰な心配をなさっている方が多いようですが、自己破産手続は、「一生懸命に働きながら生きてきたのに、経済的に行き詰まってしまった」という人に、「やり直し」の機会を与えようという趣旨でできた制度です。したがって、破産者に不利なことはそれほどありません。

 「選挙権がなくなりますよね」
 「パスポートは取れなくなりますよね」
 「戸籍謄本に記載されますよね」


 以上のような心配は無用です。だれにも分かりません。選挙権もあります。パスポートも取れますし、戸籍謄本や住民票に記載されるということもありません。

 あなたが、「真面目に生きてきたのに、経済的に行き詰まってしまった」、そんな場合には、是非ご相談ください。

 借金取りから追われることはなくなり、免責が確定すれば、それまでの借金は全て返さなくてよいことになります。

 免責ってなあに?
  免責申立手続は、破産申立をして破産決定が出たあとに審理される手続で、破産者(破産決定を得た人)の債権者(破産者にお金を貸した人)から、一定期間、異議申立を受け付けます。異議が出なければ、免責許可決定がおりることになります。
  仮に、破産者が債権者から借りたお金を競馬やパチンコに費消してしまったとして、そのことを債権者が知っていれば、「その破産者は真面目に生きてきたのに経済的に行き詰まったわけではない。遊興費にお金を使ったのだから、そのお金を返すべきだ」などと異議を申し出れば、免責許可がおりないことも考えられます。
  しかし、多くの場合は、免責許可決定が出て、それが確定し、借金を返さなくてもいいと法的に認められたことになります。

ヤミ金処理

クーリングオフ のイメージ

ヤミ金からの借金は返済する必要がありません。

 「10日で5割の利息で4万円借りたが、利息の5割は先取りされ、受け取ったのは2万円だけだった」
 「返しても、返しても、借入元金が膨れ上がるばかり」
 「妹の嫁ぎ先に取立に行くと脅されている」


 こんな状況にある方はお任せください。

 携帯電話番号だけしか明らかにされない。貸金業者の事務所所在地が分からない。口汚く・時間構わず取立をしてくる・・・、こんな場合は、ヤミ金だと考えて間違いないでしょう。

 それ以上支払わないで! 先ずご相談を!


お問い合わせ

地下鉄
東京メトロ丸ノ内線
四谷三丁目駅より徒歩3分

受付時間
原則:平日10:00~18:00
但し緊急時は迅速に時間外対応いたします。

住所
〒160-0017 東京都新宿区左門町9-6 玉盛ビル202

詳しくはこちら
トラブル依頼人 麻田 恭子/著 加知 修/監修

当事務所の現役事務職員が、事務所で扱った事件を題材に、自らの言葉で綴った短編小説集。

事実の奇想天外さから、とても作家では考えつかないだろうと思われる短編を収録。寄せられている感想文は、「面白くて一気に読んだ」「こんなの作り事でしょう」「泣いた」「笑った」「怒った」などなど様々だが・・・。

面白くなかったら苦情受け付けます(!) 是非、読んでみてください。

トラブル依頼人 【目次】第1章 されど教授 第2章 犬も美容整形? 第3章 ドンデン返し! 第4章 弁護士の信念ってなあに? 第5章 裁判周辺のさまざまな人々 第6章 どんな法律事務所がいいのかしら? 出版社:風塵社 価格:税込1,575円 ご購入はこちら