スタッフブログ

2013年2月22日 金曜日

嫁入りおいり



上の写真のカラフルで丸いものは、「嫁入りおいり」というもち米でできたお菓子ですflair
私は初めて見たのですが、あまりにも可愛くてつい写真をとってしまいましたcameraheart04
食べると中が空洞になっていて、雛あられのようにほんのり甘い味がしますhappy01

これは、加地弁護士の地元(愛媛県)の地方で、嫁入りしたときに、近所の家houseに配るものなのだそうです。

はたしてそんな御利益(ごりやく)があるのか知りませんが、私は早く嫁入りできるよう、この「嫁入りおいり」をたっっくさん食べましたhappy02ribbon

boutique

記事URL

2013年2月18日 月曜日

お久しぶりです

taurusです。ご無沙汰しております。雑務に追われ,ブログからはすっかり遠のいてしまいました。
しかし,taurusぐらいしかばかげたことを書く人がいないので,書いた方がいいとのアドバイスから再度チャレンジすることにしました。

今朝,病院に行きました。
採血台がズラーッと並んだ採血室で,たくさんの患者さんたちと一緒に順番を待っていたところ,目の前の一つの採血台の番号が入れ替わり,新たな患者さんがコールされました。

taurusは,一番前の席に座っていたのですが,目の前の採血台に歩いてきた60歳過ぎと思われるふくよかな男性が,まずコートを脱ぎ,マフラーを外し,ジャケットを脱ぎ,次にセーターと肌着を一緒に脱いで,私の目の前には上半身裸体の男性が現れました。採血担当の検査技師は,「シャツは着ていていいんですよ」と盛んにたしなめていたのですが,「いや...,この間シャツに血がついて大変なことになった(???)から,今日は脱いでおく」と言い張り,ジャケットさえ羽織ったままの患者さんがいる中で,一人最後まで裸体をさらしていました。心なしか,女性検査技師は恥ずかしそうな表情をしているように見えました。いやー,色々な人がいるものですね。

その後,taurusは,トイレで鏡を見てビックリ...eye

鏡に写ったのは,まったくスッピンのtaurusの顔でした...そういえば,今朝寝坊をして予約時間に遅れそうになりl,すごい勢いで服を着て家を飛び出してきたのです。それにしても,スッピンとは...。まあ,病院なので良いとも言えるのですが...,以前にも一度同じようなことがあり,主治医の先生が「taurusさん,何かあったんですか? 別に何でもなければいいんですが,女性が突然お化粧をやめるというのは精神的なショックやストレスなどが原因となっていることがあるので...」と心配してくださって...。その時は,先生に言われるまでスッピンだということに気付いていなかったので,意味を良く理解できないまま「ええ...,少し疲れておりまして...」なんて言ってごまかしたのですが...。

もともとそれほど厚化粧をしているわけではないので,今日は,コンビニで最低限の化粧品を買い求め,お化粧をしました。

本当におっちょこちょいで忘れっぽいので,最近,MRIなどを含む認知症の精密検査をして貰いました。結果は「異常なし」でした。脳に異常が無いのに,これほど忘れっぽいというのは,この先どうなるのか心配です。

いかにもtaurusらしい,ばかげた話を申し訳ありません。

記事URL

お問い合わせ

地下鉄
東京メトロ丸ノ内線
四谷三丁目駅より徒歩3分

受付時間
原則:平日10:00~18:00
但し緊急時は迅速に時間外対応いたします。

住所
〒160-0017 東京都新宿区左門町9-6 玉盛ビル202

詳しくはこちら
トラブル依頼人 麻田 恭子/著 加知 修/監修

当事務所の現役事務職員が、事務所で扱った事件を題材に、自らの言葉で綴った短編小説集。

事実の奇想天外さから、とても作家では考えつかないだろうと思われる短編を収録。寄せられている感想文は、「面白くて一気に読んだ」「こんなの作り事でしょう」「泣いた」「笑った」「怒った」などなど様々だが・・・。

面白くなかったら苦情受け付けます(!) 是非、読んでみてください。

トラブル依頼人 【目次】第1章 されど教授 第2章 犬も美容整形? 第3章 ドンデン返し! 第4章 弁護士の信念ってなあに? 第5章 裁判周辺のさまざまな人々 第6章 どんな法律事務所がいいのかしら? 出版社:風塵社 価格:税込1,575円 ご購入はこちら