スタッフブログ

2011年10月31日 月曜日

深刻な,うつ病患者の急増

以前も,この欄で,うつ病について取り上げましたが,うつ病に関連する相談が急増しています。

うつ病は珍しい病気ではないし,特別な病気でもないのに,時として,患者自身は公にすることを恥じ,周囲も特異な病気として扱うことがあるように見受けられます。そして,社員がうつ病と診断された場合の患者に対する対応は,企業によって実に様々なようです。勿論,手遅れになって,患者を自殺に追い込むようなことがあっては大変ですが,そうかと言って,特別視したり,必要もない休職を強いたり,退院後にリハビリと銘打って重要な仕事を与えないなど特別扱いしすぎるのも,患者,もしくは回復期の患者にとって辛く感じることになります。

うつ病患者への接し方について,企業が学ぶべきことはまだまだたくさんあると思います。

うつ病患者がどんなに辛いのか知っている管理職はどれほどいるのでしょうか。
うつ病の権威である大学教授・精神科医の言葉を借りれば,うつ病の症状とは,「深酒をしすぎ,3~4時間眠って目覚めた時,吐き気や頭痛などの身体的な苦痛と共に,様々な記憶が途切れ途切れによみがえり,何とも表現しようがないほどの自己嫌悪と気分の悪さを感じ,たまらない落ち込みを感じる。そんなたまらない気分がずっと続いているような状態」とのことです。私は,深酒の経験があるのでよく分かります。

また,ある精神科医は,「バッテリー切れ,ガソリン切れの車のような状態だから,そのままだと何をしても動かない」と表しました。そんな車を,いくら叱咤激励しても,動くはずがありません。その表現も,よく理解できます。

とにかく,たまらないほどの落ち込みと憂鬱・焦燥感・悲哀等々の感情が続いていて,いくら叱咤激励されても気分は良くならない。また,様々な身体症状も伴います。先ずは休養が大切なようですが,最近は,良い薬も出てきたようです。また,うつ病患者には,接し方・相づちの打ち方も回復のための大変重要な要素になります。

その辺りのことを,企業管理職の方々は,もっと学んでください。もともと,几帳面でまじめな人がかかりやすいうつ病ですから,是非,患者と共にゆっくりと歩み,元通りの几帳面でまじめな社員になるために,力を貸してください。

うつ病で困っている方のご相談に,いつでも応じます。


taurus

記事URL

2011年10月27日 木曜日

毎日新聞デビュー

10月29日の毎日新聞「これで安心!相続・遺言について考えてみませんか」という特集記事に,当事務所の広告が掲載されることになりました!
happy01

エンディングノートを少しでも多くの皆様に知っていただきたいと思い試みました。1件でもいいから問い合わせがあると嬉しいな・・・という希望を込めて・・・。

ちなみに広告は23区版にのみ掲載です。

boutique

記事URL

2011年10月 3日 月曜日

感動の遺言書

以前も書きましたが,当事務所では,ありきたりでない「心に残る遺言書」「感動を与える遺言書」の作成をお勧めし,アドバイスしています。

法的な部分については,公正証書遺言書としますが,プラスして,その方の好みに合わせ,いわゆるエンディングノートを作成するお手伝いをさせていただきます。まだまだ,準備段階ですが,三名の方に,趣旨を説明し,見本として公開するというお約束のもと,エンディングノートを作成しました。ご覧いただくこともできます。文章が得意な方は,勿論,全てご自身で作成なさるのが良い方法だと思いますが,「書くのはちょっと苦手」という方からは,お話をうかがい,どんなイメージにしたいかを詳しくお聞きした上で,作成のお手伝い,または,代行をいたします。
絵を入れることもできますし,自筆での作成も可能です。勿論,写真も入れらます。

来年4月からは,行政書士や精神対話士が常駐し,遺言書作成の専門チームが発足する予定です。

それまでの間も,徐々に仕事を始めていきますので,興味をお持ちの方は是非ご連絡ください。

taurus

記事URL

お問い合わせ

地下鉄
東京メトロ丸ノ内線
四谷三丁目駅より徒歩3分

受付時間
原則:平日10:00~18:00
但し緊急時は迅速に時間外対応いたします。

住所
〒160-0017 東京都新宿区左門町9-6 玉盛ビル202

詳しくはこちら
トラブル依頼人 麻田 恭子/著 加知 修/監修

当事務所の現役事務職員が、事務所で扱った事件を題材に、自らの言葉で綴った短編小説集。

事実の奇想天外さから、とても作家では考えつかないだろうと思われる短編を収録。寄せられている感想文は、「面白くて一気に読んだ」「こんなの作り事でしょう」「泣いた」「笑った」「怒った」などなど様々だが・・・。

面白くなかったら苦情受け付けます(!) 是非、読んでみてください。

トラブル依頼人 【目次】第1章 されど教授 第2章 犬も美容整形? 第3章 ドンデン返し! 第4章 弁護士の信念ってなあに? 第5章 裁判周辺のさまざまな人々 第6章 どんな法律事務所がいいのかしら? 出版社:風塵社 価格:税込1,575円 ご購入はこちら