スタッフブログ

2011年7月26日 火曜日

更新料についての最高裁判決

報道等により御存知のことと思いますが,
平成23年7月15日,
賃貸借契約における更新料についての,
最高裁判所の判決が出ました。

この事件については,
もし,更新料を定める契約が無効という判断がなされれば,
これまで更新料を支払っていた人が一斉に貸主に裁判を起こして,
返還請求訴訟の提起が多発することになるかもしれないと
言われておりました。
今回の最高裁判決では,更新料を定める契約は有効とされ,
賃貸業を営む方々は安堵されたことと思います。

本判決のポイントは2つです。

第1に,
一般的に全ての更新料を定める契約の有効無効が争われたのではなく,
消費者契約法によって,更新料を定める契約が無効とされるかどうかが争われました。
そのため,本判決は,
消費者契約法の適用されるケースであることが前提になります。
消費者契約法が適用されるためには,

消費者と事業者の契約であることが必要です。
そのため,事業者同士の賃貸借契約には適用されません。

消費者と事業者の定義については,
消費者契約法に詳細な規定があります。

第2に,
本判決は,およそ一般的に更新料を定める契約が有効であると認めたのではなく,
更新料の規定が賃貸借契約書に一義的かつ具体的に記載されている場合で,
賃料の金額や更新される期間等に照らして高額に過ぎるなどの特段の事情が無い限り,

という条件を付けたうえで有効と認めました。

そのため,
更新料の支払いについての約束が契約書に明確に記載されていなかったり,
更新料があまりに高額で,しかも,更新される期間が短いというケースでは,
やはり無効とされる余地があるということです。

そのような事件が最高裁まで争われることになれば,
今回の判決とは異なる判決が下される可能性があります。

bottle

記事URL

2011年7月26日 火曜日

戒名?

叔母が亡くなりました。

叔母は,かれこれ10年ほど前,「お墓は自宅から近い方が良い」と語り,徒歩5分ほどの寺の墓地を購入しました。
その際の,墓地販売のチラシには,「墓地購入者の宗教・宗派は問いません」と書いてありました。

叔母には,特に信じている宗教がありませんでしたので,生前,語り合ったことがあり,その著書に感銘を受けたという神主の方に,神葬祭を執り行っていただきました。したがって,戒名はつけておりません。

しかし......,叔母が購入してあった墓地に埋葬するには,戒名が必要だというではないですか!
「購入した方の宗教・宗派は問いませんが,納骨する方には,戒名をつけ檀家になっていただくという決まり」だそうです。

そんな変な話ってあるんでしょうかねえ。戒名をつけていただくのって高いんですよ!

ちなみに,私は戒名は要らないし,今の名前で納骨してくださるお墓に入りたいと思っています。

taurus

記事URL

2011年7月22日 金曜日

嬉しい電話

今朝,嬉しい電話がありました。

「トラブル依頼人を読んで,とても感銘を受けたので,今度,相談に伺いたいのですが......」

東京から遠く離れた方からの電話でした。
相談にいらっしゃるのは,秋になるとのことでしたが,本を通じて,少しでもお役に立てたことを嬉しく思っています。

ありがとうございます。

taurus

記事URL

2011年7月21日 木曜日

謝ってくれればよかったのに!

私が,内容に興味を持ち,期日ごとにずっと傍聴していたある事件。
長い裁判の末,勝訴し,賠償金を受け取ることになったある女性。
さぞかし喜んでいらっしゃるだろうと思って,聞いてみたら,

「こんなお金を受け取るより,さっさと素直に謝ってくれれば,それで良かったんですよ」

この言葉って,意味深いですよね。

法律事務所に相談にいらしたからと言って,すぐに裁判にするのではなく,
どうして欲しいのか,気持ちを読み取ることが,本当に大切なんだなと痛感したできごとでした。

taurus

記事URL

2011年7月21日 木曜日

台風でも裁判はあるの?

今日は,台風の影響で,久しぶりに涼しい朝ですね。

数年前の台風の日,ある依頼者から電話が入りました。

「あの~,今日って,台風ですよね。それでも,今日の裁判はあるんですか?」

初めは質問の意味が理解できず???

「ええ,非常に猛烈な雨風が吹き荒れ,電車も止まり,裁判官も裁判所に来られなくなり......,なんていうことが無い限り,裁判は予定通り行われますよ。今日はそれほどひどいわけではないので,中止ということはありませんよ」
と伝えたところ,
「分かりました。じゃあ,これから出かけます」
との答えが返ってきました。

皆さん,台風でも,予定通り裁判は行われますので,お間違いなきよう!

taurus

記事URL

2011年7月20日 水曜日

心に残る遺言書を作りたい!

 遺言書って,味気ないのが多いですよね。公正証書遺言は当然として,自筆証書遺言も,心に響くものに出会ったことは少ないです。
 当然かもしれませんが,大体,「家族みんなで仲良く暮らしてください」というような文言が,最後に入っているようです。
 私の父の場合は,秘密証書遺言でしたが,相続財産に関する記載があったのは勿論ですが,その後に,「投資や賭け事にのめり込まず,身の丈にあった範囲で行うように」「連帯保証人にはならないように」とか,色々と書いてあり,「えっ,これって私の性格故のこと?」なんて,ギョッとしてしまいました。でも,親として当然伝えておきたかったんでしょうね。

 もし,心に残るような遺言書,故人の人柄を偲ばせるような遺言書があったら素敵ですよね。

 今,私たちは,遺言証書にプラスして保管しておく,「(仮称)エンディングノート」の準備をしています。心に残っていること,嬉しかったこと,何に価値をおいて生きてきたのか,どんなお葬式にして欲しいのか,価値観,人生観,子供に対してどんなふうに愛情を注いできたつもりだったのか......,その方によって書きたい内容は異なると思いますが,私どもの事務所では,装幀デザイナーと連携を取り,ご希望の写真を交えたり,作成希望者と面談をした上で,イメージに合った表紙をデザインし,希望に合ったものをお作りすべく,準備中です。

 まだ,完成の域には達していませんが,見本を作成するたびに,素晴らしいものになり,完成に近づいています。

 事務所にいらして頂いて,見本をお見せできる日が近いと思います。興味がある方は,お問い合わせください。

taurus



 

記事URL

2011年7月19日 火曜日

介護が仕事?

 ここのところ,弁護士を含め,私たち事務所職員,徐々に年齢を重ねつつあります(特に私かな?!)。

 法律事務所の顧客は,ほとんどが,昔,事件をお引き受けした方からの紹介です。したがって,初めて事務所を訪れるお客様の年齢層も,思いなしか,上がって来ているような......。

 この頃,続けて,法律相談のはずが,何故か,医療相談(もしくは介護)のような結果になってしまったことがあります。うちの事務所は,相談者の方がお話しになりたいと思われることについて,相談の「法律的な核」になることではなかったとしても,出来る限り,何でもお聞きするようにし,相談者の心の重荷を少しでも軽くして差し上げたいと考え,仕事に取り組んでいます。

 先日,法律相談にいらした高齢の方が,帰り際,ある病気で悩んでいるという話をなさり,「ああ,それなら良い先生(医師)を知っていますよ」とお伝えしたところ,病院の場所が分からない,初診手続が分からないから同行して欲しいなどと言われ,次の日病院に付き添い,ほぼ一日を費やしました。法律相談は,「あ~,そうですか。よ~く,分かりました」ということで,1万円を頂いて終了。

 その数日後,交通事故で怪我をしたという,知人からの紹介者が事務所に見え,「あの~,整形外科の医者が色々説明するんですけれど,意味が分からないんです......」。当方が,事情を聞いても,当人は「う~ん,分からないんですよねえ」「何とかしてくれませんかねえ」「先生に相談すれば,見方になってくれるって聞いてきたんですけど」。見ていてかわいそうに感じた弁護士が,「じゃあ,次の診察日に誰かついて行って,話を聞いてあげて!」ということになり,日本一暑いと評判の館林にある病院に,同行し,整形外科医の説明を聞き,本人に分かりやすく話をしました。もちろん,丸一日がかりです。

 どうして,こんなに忙しいのだろうと思って考えてみたら,結局,法律の仕事ではなく,介護の仕事(?)をしているようです。でも,無償なので,仕事とは言えませんね。私って介護職?

taurus

記事URL

2011年7月15日 金曜日

新ホームページ及びブログ開設

 この度,赤坂溜池法律事務所の新しいホームページ及びブログを開設致しました。

法律に関する情報,時事問題,当事務所の状況等,
様々な内容を発信して参りたいと思っております。

今後とも,宜しくお願い申し上げます。

記事URL

お問い合わせ

地下鉄
東京メトロ丸ノ内線
四谷三丁目駅より徒歩3分

受付時間
原則:平日10:00~18:00
但し緊急時は迅速に時間外対応いたします。

住所
〒160-0017 東京都新宿区左門町9-6 玉盛ビル202

詳しくはこちら
トラブル依頼人 麻田 恭子/著 加知 修/監修

当事務所の現役事務職員が、事務所で扱った事件を題材に、自らの言葉で綴った短編小説集。

事実の奇想天外さから、とても作家では考えつかないだろうと思われる短編を収録。寄せられている感想文は、「面白くて一気に読んだ」「こんなの作り事でしょう」「泣いた」「笑った」「怒った」などなど様々だが・・・。

面白くなかったら苦情受け付けます(!) 是非、読んでみてください。

トラブル依頼人 【目次】第1章 されど教授 第2章 犬も美容整形? 第3章 ドンデン返し! 第4章 弁護士の信念ってなあに? 第5章 裁判周辺のさまざまな人々 第6章 どんな法律事務所がいいのかしら? 出版社:風塵社 価格:税込1,575円 ご購入はこちら