スタッフブログ

2012年7月 8日 日曜日

1メートルだけの自動車運転経験

taurusさんの言うとおり,私は,1メートルだけ運転したことがあります。

本当は自動車の運転をしたいと思って免許を取ったのですが,運転経験がない理由はただ一つ。

自動車を持っていないからです。

かといって,運転経験のない私がレンタカーを借りるのも危険だし...,色々考えているうちに時間が経ち,もはや教習場で習ったことも忘れ去りました。
この分だと,これから先も運転経験が無いまま終わってしまいそうです。

ただ,かつて1メートルだけ運転して感激した時のことは鮮明に覚えています。
それは,私が自動車のショールームでアルバイトをしていたときのこと。
女性社員から,「bottle君,免許証持っている?」と問いかけられ,私はとっさに,「はい」と答えました。
女性社員は,「じゃあ,そこにある車を少し前に出して...!」と言うではありませんか。
美しい女性社員に話しかけられただけで舞い上がっていた私の目の前には,
発売前のセルシオ新型車が光り輝いていました...!!!
それからあと,どうやって車を動かしたのかよく覚えていませんが,
免許取り立てでしたので,まだ,運転方法を覚えていたのだと思います。

私は,そのセルシオを1メートルだけ前進させることに成功しました。
元々,自動車が好きだった私は,セルシオの新型車で,しかも発売前の車を運転できたことに感激しました。

自動車についてはペーパードライバーの私ですが,自動二輪車も大好きで,大型自動二輪車の免許も持っています。
特に峠道を走るのが好きで,高速道路で山梨の方へよく行ったものです。今でも,自動二輪なら自信あり。
こんなことを書いていたら,久しぶりに高速道路を飛ばしたくなってきました。
でもなあ...,だれを誘おうかなあ...?

成功したら(何に?),ブログに書くことにしたいと思います。

bottle

お問い合わせ

地下鉄
東京メトロ丸ノ内線
四谷三丁目駅より徒歩3分

受付時間
原則:平日10:00~18:00
但し緊急時は迅速に時間外対応いたします。

住所
〒160-0017 東京都新宿区左門町9-6 玉盛ビル202

詳しくはこちら
トラブル依頼人 麻田 恭子/著 加知 修/監修

当事務所の現役事務職員が、事務所で扱った事件を題材に、自らの言葉で綴った短編小説集。

事実の奇想天外さから、とても作家では考えつかないだろうと思われる短編を収録。寄せられている感想文は、「面白くて一気に読んだ」「こんなの作り事でしょう」「泣いた」「笑った」「怒った」などなど様々だが・・・。

面白くなかったら苦情受け付けます(!) 是非、読んでみてください。

トラブル依頼人 【目次】第1章 されど教授 第2章 犬も美容整形? 第3章 ドンデン返し! 第4章 弁護士の信念ってなあに? 第5章 裁判周辺のさまざまな人々 第6章 どんな法律事務所がいいのかしら? 出版社:風塵社 価格:税込1,575円 ご購入はこちら