スタッフブログ

2012年6月 5日 火曜日

そうしょくけい男子???

tvテレビで,「そうしょくけい男子が注目を浴びている」という話題を取り上げていました。
私は,用事をしながらテレビから流れてくる音だけを聞いていたので,「な~んだ。草食系男子なんてずっと前から言われていたことなのに...。要するに少々弱々しい男性...あまり男っぽくない人のことでしょdown何をいまさら...」と思っていました。

でも,草食系ではなく,僧職系男子,つまりお坊さんのことだったのです。
そう言えば,少し前にもテレビでそんなことを言っていました。
今,若い女性virgoが僧侶に憧れたり,袈裟に何とも言えない魅力を感じたりheart02という現象が起きているらしいです。

現代の流行ってめまぐるしく変わるし,想像したこともないようなことが注目を浴びたりしますね。

別に,僧侶が魅力的でないというつもりはありませんが,う~ん,どこが魅力的なのでしょう。
あのゴルフのグリーンのように手入れが行き届いた独特のヘアースタイル?
お経を唱える時の凛とした良く通る声?
それとも厳しい修行に耐えた人間的魅力?

「ボーズ・バー」っていうのがあって,薄暗くお経の流れる中,本物のお坊さんがバーテンを務めているそうです。
テレビで観る限り,何となくお化けが出てきそうで,少々恐ろしい感じがしました。
あれでは,お酒に酔えない感じがしますが...。

ギリシャの危機,直下型の地震,株安,円高...心が壊れてしまいそうなニュースが繰り返される中,
僧侶に夢中になって追っかけをしていられたらどれほど幸せかhappy01

私など,暗いニュースばかりの中,何事も深く考えることはしないようにして,日々生きています。
それで時々大失敗をしますが...thunderbombpunch

taurus




お問い合わせ

地下鉄
東京メトロ丸ノ内線
四谷三丁目駅より徒歩3分

受付時間
原則:平日10:00~18:00
但し緊急時は迅速に時間外対応いたします。

住所
〒160-0017 東京都新宿区左門町9-6 玉盛ビル202

詳しくはこちら
トラブル依頼人 麻田 恭子/著 加知 修/監修

当事務所の現役事務職員が、事務所で扱った事件を題材に、自らの言葉で綴った短編小説集。

事実の奇想天外さから、とても作家では考えつかないだろうと思われる短編を収録。寄せられている感想文は、「面白くて一気に読んだ」「こんなの作り事でしょう」「泣いた」「笑った」「怒った」などなど様々だが・・・。

面白くなかったら苦情受け付けます(!) 是非、読んでみてください。

トラブル依頼人 【目次】第1章 されど教授 第2章 犬も美容整形? 第3章 ドンデン返し! 第4章 弁護士の信念ってなあに? 第5章 裁判周辺のさまざまな人々 第6章 どんな法律事務所がいいのかしら? 出版社:風塵社 価格:税込1,575円 ご購入はこちら