スタッフブログ

2012年6月26日 火曜日

色々な生き方

私の身近な方の生き方です。

ガーンと頭を殴られた気がしましたが...,ロマンを感じたりもしました。
でも,弱虫の私にはできそうもありません。

70代の男性。60歳以降になり,健康診断は一切しなかったそうです。60歳を過ぎた人間の身体を調べれば,どこかしらにほころびは見つかるはず...,ここが悪い・あそこが悪いと指摘され,様々な制限をうける人生を送っても面白くない。
60歳まで一生懸命に働いたのだから,残りの人生はおおいに楽しんで生きていきたい。
どこか少々痛くても我慢してしまおう...sun
大好きな庭いじり(畑作り),ゴルフ,囲碁,山歩き...毎日とても楽しく暮らしてきたそうです。
つい2ヶ月ぐらい前,奥様の強い勧めと脅し(笑)で,半ば強制的に受けた健康診断。

胃の幽門部(出口のあたりらしいです)に進行した癌がみつかり,転移の可能性も...sweat01

医師は勿論,家族も,入院して治療することを強く勧め説得したそうです。
しかし彼は一切の治療を拒否し,自宅で穏やかな生活を送っています。
おそらく,痛みはひどいのでしょうが,そんな様子をおくびにも見せません。
少し前から,流動食しか食べられなくなったそうですが,奥様が実によく工夫をして,様々な味と栄養を考えた流動食を作っています。

二人はもともと仲の良い夫婦でしたが,私には,その二人が神々しくさえ見えました。

「流動食も受け付けなくなれば...もう時間の問題...。でも,私は主人にとても大切にして貰ったし,主人がよくよく考えて決めたことなので,主人に恩返しするつもりで,主人が気持ちよく生活できるよう,できるだけのことはするつもりなの」と奥様。

病気のことは誰にも知らせていないそうですが,たまたま私が知ってしまいました。

私が驚いたのは彼の表情。入院患者,特に癌患者の表情は,見ている者まで辛くなるような方がほとんどです。
しかし,「遺された時間を,大好きな庭の見える部屋で,映画のDVDを観ながら,ゆったりと過ごしているので楽しい」と言い切った彼の表情は輝いていました。

賛否両論だとは思いますが,実際に彼の話を聴き,表情を見た私は感動しました。

「楽しい時間でした。ありがとう...」と言って分かれました。


taurus



お問い合わせ

地下鉄
東京メトロ丸ノ内線
四谷三丁目駅より徒歩3分

受付時間
原則:平日10:00~18:00
但し緊急時は迅速に時間外対応いたします。

住所
〒160-0017 東京都新宿区左門町9-6 玉盛ビル202

詳しくはこちら
トラブル依頼人 麻田 恭子/著 加知 修/監修

当事務所の現役事務職員が、事務所で扱った事件を題材に、自らの言葉で綴った短編小説集。

事実の奇想天外さから、とても作家では考えつかないだろうと思われる短編を収録。寄せられている感想文は、「面白くて一気に読んだ」「こんなの作り事でしょう」「泣いた」「笑った」「怒った」などなど様々だが・・・。

面白くなかったら苦情受け付けます(!) 是非、読んでみてください。

トラブル依頼人 【目次】第1章 されど教授 第2章 犬も美容整形? 第3章 ドンデン返し! 第4章 弁護士の信念ってなあに? 第5章 裁判周辺のさまざまな人々 第6章 どんな法律事務所がいいのかしら? 出版社:風塵社 価格:税込1,575円 ご購入はこちら