スタッフブログ

2012年5月19日 土曜日

ボランティアセンター

今朝は気持ちの良い快晴sunです。

人の力になりたい,ボランティアがしたい,という思いを持ちつつも,
様々な壁があってその実現ができない方は多くいらっしゃるのではないかと思います。
他方,自らをあまりに犠牲にしてまで行うボランティアなどは困難であり,
持続可能性が低いと思います。

ボランティアをしたいという人々の気持ちを無駄にしないためにも,
よりいっそう,
ボランティアが容易にできるような仕組みづくり,
制度作り,支援体制の強化がなされればと思います。

思い返してみると,
私の学生時代には,
大学にボランティアセンターという部署があり,
そこで学生のボランティア支援がなされておりました。
そこでお手伝いをさせていただいた際は,
センターがまだ開設したばかりで参加する学生が少なかったものの,
その後,参加学生は少しずつ増加していったと聞きました。
やはり,ボランティアをしたいという方は多くいらっしゃると思います。
「ボランティア学」などの授業を設定して,
単位を認めるという制度も良いのではないかと思います。

また,もう一つ,学生時代にお世話になった場所として,
飯田橋にある東京ボランティア・市民活動センターが挙げられます。
ここでは,様々なボランティア募集情報が集められており,
また,希望するボランティアについての相談等も受けられます。

いつの日か,
日本はボランティア大国であると胸を張って言えるように,
よりいっそう,
ボランティア支援体制が強化されていくと良いですね。
bottle




お問い合わせ

地下鉄
東京メトロ丸ノ内線
四谷三丁目駅より徒歩3分

受付時間
原則:平日10:00~18:00
但し緊急時は迅速に時間外対応いたします。

住所
〒160-0017 東京都新宿区左門町9-6 玉盛ビル202

詳しくはこちら
トラブル依頼人 麻田 恭子/著 加知 修/監修

当事務所の現役事務職員が、事務所で扱った事件を題材に、自らの言葉で綴った短編小説集。

事実の奇想天外さから、とても作家では考えつかないだろうと思われる短編を収録。寄せられている感想文は、「面白くて一気に読んだ」「こんなの作り事でしょう」「泣いた」「笑った」「怒った」などなど様々だが・・・。

面白くなかったら苦情受け付けます(!) 是非、読んでみてください。

トラブル依頼人 【目次】第1章 されど教授 第2章 犬も美容整形? 第3章 ドンデン返し! 第4章 弁護士の信念ってなあに? 第5章 裁判周辺のさまざまな人々 第6章 どんな法律事務所がいいのかしら? 出版社:風塵社 価格:税込1,575円 ご購入はこちら