スタッフブログ

2011年12月15日 木曜日

対話がなければ解決しない! その1

とっても興味深い話を聞きました。メンタルケアに関する講演を聴いた中でのことです。

今日の医療界の最前線の議論のひとつに,「物語」と「対話」というものがあるそうです。
これまでは,近代医学の規範として「科学的根拠に基づく医療」が挙げられていました。しかし,それに対して,今,「物語に基づく医療」という新しい医療パラダイムが提案され注目されているそうです。

今までの医療を一言でいうと,患者と疾患を分離し,疾患をできる限り分類し,個々の疾患を臓器別に科学的根拠に基づいて診断し治療することであり,医療者は,臓器別に専門分化されて現代医療が成り立ってきたことは,みなさんご存じの通りです。そのため,患者は人間的に疎外され,それが医療への不信と不満となり,一方,医療者も専門と現場の剥離に陥り,充足感を失うようになってきたようです。

そんな中から生まれてきたのが「物語に基づく医療」という新しい流れで,それは,「物語」と「対話」をキーワードとしており,医療者と患者との「対話」そのものを真の治療と考えているということです。

詳細を聴き,なるほどと納得し,これは法律事務所でも同じことが言えるのではないかと考えました。

少々長くなるので,今日はこのくらいにして,次回,是非「物語に基づく医療」について,詳しくお話ししたいと思います。

hearttaurus



お問い合わせ

地下鉄
東京メトロ丸ノ内線
四谷三丁目駅より徒歩3分

受付時間
原則:平日10:00~18:00
但し緊急時は迅速に時間外対応いたします。

住所
〒160-0017 東京都新宿区左門町9-6 玉盛ビル202

詳しくはこちら
トラブル依頼人 麻田 恭子/著 加知 修/監修

当事務所の現役事務職員が、事務所で扱った事件を題材に、自らの言葉で綴った短編小説集。

事実の奇想天外さから、とても作家では考えつかないだろうと思われる短編を収録。寄せられている感想文は、「面白くて一気に読んだ」「こんなの作り事でしょう」「泣いた」「笑った」「怒った」などなど様々だが・・・。

面白くなかったら苦情受け付けます(!) 是非、読んでみてください。

トラブル依頼人 【目次】第1章 されど教授 第2章 犬も美容整形? 第3章 ドンデン返し! 第4章 弁護士の信念ってなあに? 第5章 裁判周辺のさまざまな人々 第6章 どんな法律事務所がいいのかしら? 出版社:風塵社 価格:税込1,575円 ご購入はこちら